■級別テスト(スノーボード)
1級
マテリアルの特性を生かす技術
ミドルターン 中斜面(15〜20度) リズムを一定に保ち、落差と横幅が整った滑らかなターン弧で、減速要素の少ないミドルターンを行う
ショートターン 中斜面(15〜20度) リズムを一定に保ち、落差と横幅が整った滑らかなターン弧で、減速要素の少ないショートターンを行う
フリーラン 中斜面(15〜20度) 与えられた斜面で、”マテリアルの特性を生かした”総合的な滑走技術を表現する
2級
スノーボードを自在に動かす技術
ミドルターン 緩中斜面(10〜15度) リズムを一定に保ち、落差と横幅が整った滑らかなターン弧のミドルターンを行う
ショートターン 緩中斜面(10〜15度) リズムを一定に保ち、滑らかなターン弧ショートターンを行う
フリーラン 緩中斜面(10〜15度) 滑走の流れを損なわないトリックや、ルズムチェンジなどを取り入れたフリーランを行う
3級
リズムを制御する技術
ミドルターン 緩斜面(5〜10度) リズムを一定に保ち、落差と横幅が整ったミドルターンを行う
スリップtoスリップ 緩斜面(5〜10度) 早いリズムを一定に保ち、落差を整えたサイドの入れ替えを交互に行う
フリーラン 緩斜面(5〜10度) リズムを意図的に変化させた滑走を行う
4級
フォールラインへの対応技術
ストレートランニング
〜ストップ
(トゥサイド/ヒールサイド)
ゆるい斜面(〜5度) 意図した場所での停止を両サイドとも行う
フリーラン 緩斜面(5〜10度) 両サイドのターンを連続して行う
5級
安全に斜面を降りる技術
サイドスリップ
(トゥサイド/ヒールサイド)
緩斜面(5〜10度) スピードの制御と意図した場所での停止を、両サイドとも行う
フリーラン 緩斜面(5〜10度) 人や障害物を避けて斜面を安全に下る